二、三度お逢いした後のある朝

「……そうして二、三度お逢いした後のある朝、いつも供《とも》に連れておいでになる腰元《こしもと》がまいりまして、何とも言わずに置いて行った螺鈿《らでん》の小箱。開けて見ますと、思い掛けない、つけ根から切りはなした蚕《かいこ》のようなふっくらとした白い小指が入っておりました。……この以前も、このような...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:28 pm  

長い顔を、路考の方へ振向けて

「路考さん、あっしはいつか一度言おうと思っていたんだが、いくら立女形《たておやま》の名代《なだい》のでも、あんたのやり方は少し阿漕《あこぎ》すぎると思うんだ。薄情もいい浮気もいいが、いい加減にしておかないと、いずれ悪い目を見るぜ」 源内先生は、分けて入って、「おい、一瓢さん、今そんなことを言い出...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:27 pm  

伝兵衛も呆気にとられて

「おお、そうか。そういうわけなら、浜村屋、気の毒だが、一緒に番屋まで行ってもらおうか」 路考は、伝兵衛に腕を執られながら、花が崩れるように痛々しく身を揉んで、「どうぞ、お待ち下さいまし」 哀れなようすで伝兵衛の顔を見上げながら、「なるほど、この手紙はあちきが書きましたものに相違ござんせんけど...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:26 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0408 sec.

http://rate-of-exchange.org/