今日は雪晴れのいい天気

「話は途々《みちみち》してやる。……今日は雪晴れのいい天気。まごまごしていると、また一人娘が死ぬかも知れん」「えツ[#「えツ」はママ]、そいつアたいへんだ」「さあ、来い」 源内先生、いつになくムキな顔で、怒り肩を前のめりにして、大巾に歩いて行く。 伝兵衛は、小走りにその後を行きながら、「するてえと、何か、たしかなお見込みでも」「さんざん縮尻《しくじ》ったが、今度こそ、大丈夫」「大丈夫って、どう大丈夫」「謎が解けた。……迂濶な話だが、大切《だいじ》のことを見逃したばっかりに、無駄骨を折った。……三日の日も八日の日も、それからまた十六日の日も、いずれも、雪晴れのいい天気だった。ところで、その次の日は、どんよりと曇った日ばかり」「へい、そうでした」「つまり、三人の娘は、雪晴れの天気のいい日ばかりに殺されている」「そのくらいのことはあっしもよく知っております」「黙って聞いていろ、まだ後があるんだ。ところでその三人の娘はみな源内先生創製するところの梁《みね》に銀の覆輪《ふくりん》をした櫛《くし》を挿《さ》している。……なあ伝兵衛、そういう櫛に日の光がクワッと当るとどういうことになると思う」「まず、ピカリと光りますな」「その通り、その通り」「馬鹿にしちゃアいけません」「馬鹿にするどころの段じゃない。そこが肝腎なところなんだ。……つまり、それが遠くからの目印になる。……なあ、伝兵衛、足跡を残さずに空から来るものは何んだ」「鳥でしょう」

— posted by id at 04:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2172 sec.

http://rate-of-exchange.org/