行きついた所

          行きついた所

「どうだ、わかったか」「へえ、わかりました」「どんな工合だった。餌取は白状したか」 伝兵衛、この冬空に、額から湯気を立て、「白状も糞もあるもんですか、いきなり取っ捕まえて否応《いやおう》なし」「それは、近来にない出来だった」「止しましょう。先生に褒められると、後がわりい」「まあ、そう怯えるな。わしだって、たまには褒めることがある。方角はどっちだ」「田端村《たばたむら》の萩寺《はぎでら》の近く。大きな欅《けやき》の樹のある、小瓦塀《こがわらべい》を廻した家で、行けばすぐわかるんだそうです」「名前は知れなかったか」「ご冗談。犬猫の皮を剥いで暮している浅草田圃《あさくさたんぼ》の皮剥餌取に、文字のあるやつなんぞいるものですか」「それもそうだ。では、早速出かけようか」「出かけるって、いったい、どこへ」「わかっているじゃないか、その小瓦塀の家へ行く」「あっしも、お供するんで」 先生は、例の通り、梅鉢《うめばち》の茶の三つ紋の羽織をせっかちに羽織りながら、「当り前のことを言うな、お前が行かないでどうする」「どうも、藪から棒で、あっしには何のことやら……」

— posted by id at 04:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2289 sec.

http://rate-of-exchange.org/